×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0012

やす川
福岡県福岡市中央区舞鶴1-9-14、092-752-2040、17:30〜24:00、日祝休

 博多の天神から鶴舞に入り、ほんの少し喧騒から開放された路地には幾つかの名店がある。その中でもやす川は群を抜いたお店だ。まずは、このお店が焼き物屋さんであることは、店構えからでは全く分からないだろう。黒塗りの板壁には小さな表札が掛かっているだけで、入り口は低い造りのくぐり戸。何も知らずに、この引き戸を開ける勇気は私にはない(笑)。

 体を丸めて中に入ると、そこはカウンターと小上がりに3卓ほどのテーブルがあり、どの席からも七厘から煙が立ち昇っている。
 席に着いてメニューを見ると、誰もがその値段の安さに驚くだろう。牛、鶏、魚介、野菜などが、ほとんど盛り合わせで食べられるようになっており、それらがどんなに高くても1000円を超えることがないのだ。その盛り合わせも大概4種類の構成になっているので、色々食べてみたいと思う向きには大変ありがたい。例えば、牛と鶏のモツ系の盛り合わせに、その日の気分で2種類程度単品を加え、博多ならでわの新鮮な砂肝の刺身を注文すれば、大人2人が腹いっぱいになれるのである。
 素材の新鮮さと旨さは言うまでもないが、用意されている薬味のバリエーションにも驚かされる。塩、胡椒、柚子胡椒、唐辛子、大蒜等に、自分で大根をおろせるようになっていて、素材に合わせて7種類を選ぶことができる。タレも醤油やポン酢が3種類用意されているから、組み合わせは・・・何十通りだ(^^;
 メニューは他にも小鉢などが色々揃っているのだが、やす川では是非七厘を使ってもらいたい。(01.7.25)

上段:砂肝刺し、ハラミ、赤センマイ
下段:牛(ビンタ・大動脈・ミノ)の盛り合わせ、鶏(ぺた・なんこつ・もつ・せせり)の盛り合わせ、薬味