×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0029


大阪府大阪市天王寺区下味原町1-10、06-6773-1300、17:00〜翌2:00(日祝16:00〜翌1:00)、火休

 改札を出る前から香ばしい焼き物の香りがしてくる大阪環状線鶴橋駅。駅周辺の中でも最も焼肉屋さんが密集する下味原町にこの空はある。路地を挟んで向かい合わせに2軒のお店で営業しているが、どちらも行列ができていて、その人気の程を窺い知ることができる。

 20分くらい待ってカウンターに座り、メニューを眺める。30種類はあろうかという品数も凄いが、1500円〜2000円もする精肉はごく僅かで、あとは350円からなるお手ごろなホルモンのオンパレードだ。色々な種類を食べてもらいたいと、一品をわざわざ小盛にしているということではあるが、350円が中心というのはお店の心意気という以外の何モノでもないだろう。それに甘えてかどうかは知らないが(笑)、皆次々と注文しては焼き、ハフハフいいながら食べており、だらだら飲み食いしているお客は一人もいない。だからイラチの大阪っ子も行列して待っているという訳だ。
 味付けは、焼き物には甘めの醤油ダレがかけられ、生ものにはコチュジャンベースの甘辛いタレがかけられる。食べたことがありそうでないようなカルビスジやハラミスジという部分は、網焼きにばっちり合っていてビールがよく進む。テッチャンも網では「よく焼き」にして食べるのがいいようだ。
 アキレスフェー(アキレス腱)を初めて食べ、豚足とはまた少し違った味と食感に感心してみたり。こりゃぁ、もう精肉は食えませんな。(03.8.27)

カルビスジ、ハラミスジ・テッチャン

ハチノス・テッチャン、アキレスフェー

こんな感じで焼きます。