×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0042

大船
東京都港区三田5丁目20−7、03-3441-4692、17:00〜23:00頃、土日祝休

 白金高輪駅の2番出口を上がり、桜田通りから魚籃坂下交差点に出たところで、古川橋方向に30mほど進むと、「大船・日乃家」の看板が現れる。どちらのお店もマンション建設に伴う立ち退きで、数年前に数十メートルずつ移動したのだが(笑)、昔からご近所に愛されている名店だ。そして、道路に面している方が、もつ焼きと各種のお惣菜を出す大船である。

 店内は1階が立ち飲みのカウンターで2階がテーブル席になっており、毎日通う常連さん達はカウンターで小1時間飲んで帰っていくパターンが多く、カウンターが溢れると路地側に出ているテーブルで飲んでいる人までいるのだ(笑)。もつ系のメニューは、レバー、シロ、ハツ、タン、カシラ、ナンコツ、純とり、つくねが1串100円で、手羽先が1串250円、砂肝とづけが2串250円、うな串が2本400円、そしてホルモン炒めやレバにら炒め450円と、非常にリーズナブルである。
 ネタは値段の割りに大振りでジューシーなのは嬉しいが、欲を言えば部位によって焼き方にバリエーションをつけてほしいところだ。そんな中で私の一押しはシロ。クニュッとした食感と香ばしさが絶品で、これに甘辛いタレがからまると何本でもいけてしまうのである。
 その他のメニューも概ね300円前後なので、小1時間飲み食いしてもせいぜい2000円でおつりがくる。明日の活力はこういうお店でつけるに限るのだ。(03.6.17)



上段:レバー・純とり(塩)、タン・ハツ(塩)、ナンコツ・カシラ(塩)
下段:シロ(たれ)、砂肝(塩)、づけ焼(たれ)