×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0043

やきとん玉や 新橋店
東京都港区新橋4-18-7、03-3459-6188、17:00〜23:00、日祝休

 新橋駅烏森口の西側を、十数年前からオヤジエリアと勝手に呼んでいる。ニュー新橋ビルはその中心にそびえるオヤジビル。すなわち、オヤジエリアのランドマークなのである。そのエリアには結構もつ焼きのお店があるのだが、実はそれに気が付いたのはつい最近だ(^^; そしてまず最初に入ったのがこの玉やであった。

 お店に入って「お飲み物は?」と聞かれ、ホッピーがあったのでそれを注文した。ジョッキにナミナミと、、、入っていたのが焼酎だったら良かったのだが、ナミナミ入っていたのは氷で、焼酎はツーフィンガー程度だった(^^; 氷を全部灰皿に取ると、ホッピーを入れる量はジョッキの半分程度になってしまい、あっという間に飲み終えてしまった。そこで、中身のお替りをする時に「氷なしで」と頼んだら、焼酎の量はツーフィンガーで変わっていない(笑)。次回は最初から「氷なし」で頼もう。
 さて、モツの方はというと、煮込みはシロが主体のさらっとした味噌味で、ややもすると薬味の白ネギが勝ってしまうくらい上品な味付けだ。このようなタイプの煮込みの場合は、甘めの濃い味の方が好みだが、ネタが新鮮なので薄味にしているということだろうか。牛レバ刺しは新鮮で甘く、これはいける。しかし、これも願わくば塩にもこだわって欲しいところだ。
 メインのやきとんは、ふれこみ通りネタの新鮮さがよく分かるし、そこそこ大振りなところもリーズナブルである。が、しかし、全てが一本調子というかひねりがないというか、塩とタレの2種類の味付けだけで、ストレートとカーブだけの投手を見ているような気分になる。新橋という土地柄、居酒屋メニューも充実させての商売なのかもしれないが、やきとんの店を名乗っているからには、新鮮なモツの見せ処を示してもらいたいという気がした。(04.2.24)

ホッピー、牛煮込み、牛レバ刺し

シロ・レバー・コブクロ・ナンコツ(塩)、ハツ・カシラ・シロ(タレ)、牛シビレ(塩・タレ)

おつまみドライカレー