×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0046

やきとん 高木
東京都北区滝野川7-47-1、03-3916-1750、17:00〜22:00、日祝休

 都営三田線西巣鴨駅を降りて明治通りを池袋方向に進むと、ポツリポツリと赤提灯の灯が目に入ってくる。それらを通り越して7〜8分も歩いた頃、「やきとん」という大きな文字が入った紺地の暖簾がかかったお店が現れれば、それが大正11年創業の高木である。

 引き戸を開けて中に入ると、焼台を囲むカウンター席と壁伝いにテーブル席がある。子供の頃に入った江ノ島周辺の海の家のような造りだ。
 まずはお飲み物からってことで、噂の「ミルクセット」を注文し・・・たいところだが、それは同行者に任せて私はヱビスビールを注文した(^^; ミルクセットはコップ一杯の焼酎と明治牛乳、それに空のコップがひとつ提供される。自分で好きなように割って下さいということだ。酎ハイもレモンサワーのビンが別に供されるので、これが高木の基本スタンスらしい。それにしても、牛乳の入ったコップと乾杯するのはナンですなぁ(^^;

ミルクセット、レモンハイ
 さて、高木のもうひとつの噂の逸品は牛煮込みだ。分厚いテッポウがぷにゅぷにゅに煮込まれた逸品で、薄い味付けがテッポウの肉感を際立たせている。添えられたたまねぎのみじん切りをトッピングして食べると、これまた甘みと香味が加わって味わいの変化を楽しめるのだ。

煮込み、とっぴん具の玉ねぎ
 大振りの焼き物はそれぞれ肉感がしっかりしていて旨い。塩では肉汁そのものをストレートに味わえ、サラッとした甘辛のタレでも、口の中で肉汁とうまいこと交じり合ってくる。これが1本90円なのだから言うことなしである。(04.3.25)

レバー、アブラ、ナンコツ

シロ、ミートボール、ガツ・ハツ・コブクロ