×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0100

二光
静岡県沼津市御幸町17-16、0559-32-0812、17:00〜24:00、水休

 我々が沼津と聞くと回転寿司や干物を思い出してしまうので、現地の方からは「魚だけじゃなくもつもあるら〜」とお叱りを受けそうである。以前に野毛でお友達になった伊豆太郎さんのブログを拝見していたら、市役所の裏手に物凄くそそられるお店があることを知った。炭火で焼くもつ焼きにモツの刺身、それにホッピーまであるとなれば、いても立ってもいられんでしょう〜。という訳でそぼ降る雨にもめげず、沼津駅から歩いてお店に向かったのであった。

 看板と庇にはやきとり専門店と書かれているが、店頭の品書きには豚系のもつ焼きの名前が連なっており、情報は間違いなさそうだと確信する。今日の口開け客となって中に入ると、品の良さそうなお母さんが迎えてくれた。ホッピーを注文してから、焼き物の品書きを指差し「左から6つお願いします。レバーをスペシャルで、あとはお任せします」と告げた(^^;
 1品2本からということなので、食べられるかなと若干心配したが、串は結構小振りだったのでどんどんいけてしまう(^^; ほとんどの串にネギが使われているのは珍しい。この辺りの特徴なんだろうか?ナンコツをガリと呼ぶのも初めてだ。1クールの最後に出てきたのがレバーのスペシャル。これはニンニクの入ったタレに更に胡椒が加わったもので、ミディアムに火の入ったレバーにバッチリ合っていて旨い!思わずそれとシロを塩でお替りしてしまったという事実。それでもまだ腹に余裕があったので、牛レバ刺しまで注文してしまった。焼き方のお兄さんの接客もお母さんに負けず劣らず素晴らしいし、短時間で充分満足した探索であった。(05.10.17)

シロ(タレ)/カシラ・ハツ(醤油)/タン(塩)

ガリ(塩)/レバー(スペシャル)/シロ(塩)

牛レバー刺し/お新香/焼き台に向かうお兄さん