×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0102

喜八
東京都葛飾区お花茶屋1-12-14、090-6110-3356、16:00〜22:00、木休

 F師匠と行く京成線居酒屋めぐりお花茶屋編、東邦酒場の次に連れていってもらったお店だ。駅から商店街を抜けて住宅街へ入らんとするような場所まで歩くと、まるでラーメン二郎のような黄色い庇のお店が現われた。本当に提灯でもなければ、ラーメン屋さんと見間違えてしまいそうだ。しかし、庇にはホルモン焼き、牛筋煮込み、豚もつ煮込みの文字が並んでおり、モツ好きならば黙って通り過ぎる訳にはいかないだろう。

 お店の中は、壁に沿って白木のカウンターとパイプ椅子があり、店内の明るさからも、我々がイメージするもつ屋さんとは大分雰囲気が違っている。20:00過ぎで店内はほぼ満席状態。F師匠が交渉してカウンター5席を確保してくれた。牛ホルモン煮込み、センマイ刺し、ガツ刺しを頼み、ホッピーで再度乾杯である。ホッピーを氷なしで注文すると、奥さんは「ホッピーがたくさんいるようになるから、氷を入れた方がいいんじゃない」と忠告してくれたが、既に何杯も飲んでいる我々は我侭を言って氷り抜きで頂いた(^^;
 このお店の煮込みはタマネギが一緒に煮込まれているようで、普通の味噌味とは違った野菜の甘さがベースになっている。これならカレー粉を入れてカレー煮込みにしても旨いんじゃないだろうか(^^; センマイ刺しは定番の酢味噌、ガツ刺しはタマネギのスライスが添えられてお酢で食べるタイプ。このあたりはごくごく普通なのだが、ほとんどの値段が300円程度となると驚きのコストパフォーマンスだ。豚ホルモンキャベツ味噌炒めは、とてもひとりで食べられる量ではなく、ましてや2軒目に来て注文するのはヘビーだった。まだまだ食べてみたいメニューも多く、冬のおでんも素晴らしいとのことなので、またしても再訪必須の宿題を残してのオイトマとなってしまった(^^; (05.10.7)

牛ホルモン煮込み/センマイ刺し

ガツ刺し/豚ホルモンキャベツ味噌炒め/とん味噌キャベツ