×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0113

庭つ鶏
東京都品川区西五反田2-18-3、03-3492-2818、17:00〜22:00頃、日祝休

 五反田に新店ができたという噂を聞いた。丸鶏から捌いて色々な部位を生や炭焼きで出し、しかもそれを目の前で見られるのだそうだ。2名で予約したところ王子狸にドタキャンされたため、急遽JIROCHO大兄に助っ人を頼むと、「これから宇ち多゛に行くけど、がんばってそちらに向かいます」という返事が戻ってきた。流石はアニさん、頼りになる人だ。しか〜し、会社を出て都営三田線から浅草線に乗り換えると、家路に急ぐサラリーマンの中に熟した鬼灯(ほおずき)のような顔が・・・(爆)。梅割り5杯飲んだらしい(^^; もう既に声がでかい(^^;; 埼玉屋とかやっちゃんだったら、お断りをくらいそうなできあがり方だ。こりゃぁ、何とか酔っ払い状態を悟られないよう店に入らねばならんぞ(^^; はたしてそのお店は、J大兄の顧問税理士が事務所を出しているビルの地下にあった(爆)。「こーーんな店があったなんて知らなかっ・・」J大兄の口を押さえながらお店に入る(^^; 18:30という時間だけに、まだカウンターに店主の知り合いらしき人がひとり居るだけだ。やばいなぁ〜。席に座ってメニューを選び始めると、店主が「・・を食べてみてください」と、一つ一つの注文にかぶせてくる。結局「店主のお任せ」になってしまったが、こちらには負い目があるから逆らわないことにした(^^;

 まずは胸肉の刺身が出てきた。「刺身は足が速いので、早く食べてください」とのことだ。普段は鳥刺しを食べても大きな感動はないのだが、これは旨いわ!しかし、次にトマトカプレーゼが出てきて、すぐさま砂肝刺し。はたまた煮込みが出てきて、すぐさまレバ刺し。という具合に、カウンターにのらなくなるようなテンポで出てくるので、何度も「刺身は足が速いので、早く食べてください」とコーションがかかるが、そんなに晩飯のおかずみたいには食べられまへんがな。しかも、J大兄は宇ち多゛の後なので箸が進んでないじゃん!ホッピーもナカの量があまりにも少ないし、ここは飲むお店ではないってことだな。
 気を取り直して、煮込みを食べる。おぉっ、これは忠弥系煮込みの鶏皮版ですなぁ〜。旨〜い!スープに麺を入れたい!!なんて感じで食べて次に刺身系に戻ると、店主の言うとおり味が変わってきている。ホントに足が速いんですねぇ〜(関心)。ササミのたたきも柚子胡椒で食べると旨旨だぁ〜。

胸肉の刺身/トマトカプレーゼ/砂肝刺し

鶏皮の煮込み/レバ刺し/ササミたたき(柚子胡椒)
 ここで、味に感動したアニさんが顧問税理士に電話をかけるという暴挙に出た(^^; 店主が「お客さん、携帯使うのは・・・」と言ってますからやめなはれ!完全にヨッパーバレバレである。しかし、電話したくなる気持ちも分からないではないくらい、皮がパリパリで身はホックリのももたたきが旨い。レバ焼きは普通だけど、皮焼きがまたいぃーーですねぇー。と言ってる間にアニさんがホイスのグラスを倒したのでお勘定にした(^^;; それでも「最後にスープを飲みませんか」と出してくれるところが優しいじゃありませんか。ごちそうさまでした。今度は素面で連れてきますんで・・・(^^; (06.5.2)

ももたたき/レバ焼き/皮焼き

〆のスープ/こんな感じで捌かれます