×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0131

かどや
大阪府大阪市浪速区難波中1-4-15、06-6631-7956、12:00〜22:00、火休

 大阪難波の新歌舞伎座の西側、四つ橋筋と都市高速に挟まれたトライアングル地帯は、何かの目的がなければ足を踏み入れることはないであろうディープゾーンだ(^^; しかし、そのトライアングルの中心部から漂ってくるもつ焼きの匂いに誘われて、出張帰りに立ち寄ったのがこのかどやである。大阪で豚足を食べるならココなのだそうだ。関東の焼肉屋で食べるような茹でた後で冷やしたタイプでもなく、九州で食べるような炭焼きしたタイプでもなく、とにかくとろける豚足だという。12:00から開いているというお店は、14:00過ぎでも既に俗界の大物達で賑わっている。スーツを着ている我々は、まさに浮いた存在であった(^^;

 まずは噂の豚足に、ミノ、ココロ、ツラミの焼き物を注文すると、タレと薬味のネギと一緒にすぐに豚足が運ばれてきた。シンプルに茹でられた豚足をネギを入れた辛ダレに付けて食べるのだが・・・いゃぁこれは旨い!これはいくらでも腹に入ってしまう。大阪出身者も「社会人になってからずーっと東京にいるので、こんなん知らんかったわ」だそうだ(笑)。そんな彼も次から次に豚足を平らげ、2皿があっという間になくなってしまった。


トンソク/タレ/トンソクをタレに付けて・・・

焼き物は結構火が通っているのにジューシーだが、大阪のこの辺りで1本150円という値段は驚きだ。しかも、1人前3本からの注文なので、1種類に450円払うことになってしまう。それでも流行っているというのは、何か大阪人を惹きつけるモノがあるに違いない。ただ、シロがないのはどうしてだろうか(^^; 色々と部位の名称が違うから見逃したのか(^^;; ここはトンソクを食べて、串を1〜2種類くらい食べて終了するのがいいのかもしれないな。(07.4.2)


お通しキャベツ/ミノ・ココロ・ツラ/ミミミトン

バラ・タン(牛)/ハラミ/豚タン