×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0134

けむり
神奈川県川崎市高津区宇奈根642、044-822-2914、17:30〜23:00(日祝15:00〜21:00)、月休

 JR南武線久地駅。多摩川に向かう田園地帯にはまだぽつぽつと梨園が残っており、幸水・豊水・20世紀・旭・長十郎や、子供の頃によく食べた菊水などが路地売りされている。そんなのどかな場所に、紺地にホルモン焼きと書かれた暖簾を見つけたという、路麺大帝からの情報が入った。これは即刻イカネバの娘である(殴)。という訳で、iiさん、路麺大帝、zalさん、それに私の4人でお店に向かった。おぉっ、実に小奇麗なお店ですねぇ。期待が高まりますなぁ。

 先客4名が既に大騒ぎをしている中、ビールで乾杯しながらどういうオーダーで進むか検討する。とりあえず牛すじ煮込みを注文して食べると、すじの旨味の出たスープを吸った大根やプリプリのコラーゲンに、この店のレベルの高さが垣間見えた。すぐさまホッピーに移り、もうひとつ注文したキャベツキムチが出てきた時には、4人が一斉におぉっ!と叫んだくらいのナイスなビジュアルが目に飛び込んできた(爆)。路麺大帝と私の見立てでは、韓国の荒挽き一味唐辛子に、胡麻油、塩、ラー油を入れて混ぜたタレに、4cm程度に切ったキャベツを和えて軽く漬け込んだモノだ。これもデラウマ!このお店、相当良さそうざんすよ!!

牛すじ煮込み/ホッピー/キャベツキムチ
 こうなったら、ヘタな考え休むに似たりである。ご主人をつかまえて、「4人で食べるのに、どんな風に注文したら良いですか?」と聞いたら、「う〜ん、じゃぁ適当に順番を決めて出しましょう」と言ってくれたので、完全におまかせ状態で七輪焼きのスタートとなった。最初に出てきたのはナンコツとカシラの塩。ナンコツの透き通るようなピンク色は、鮮度の高さの証明だ。網にのせるとサッと白に変わり、ちょっと焦げ目が付いてきたところで口に運ぶと・・・旨かぁーーー!!カシラも肉汁たっぷりで絶品だ。iiさんなんか「今日はこのカシラだけで終わってもいい!」と大絶賛である。

ナンコツ/網焼きの図

カシラ/網焼きの図
 次は豚と牛のシロを味噌ダレで味漬けたテッチャンとホルモンの登場だ。味噌味のテッチャンはチーズっぽい味わいが何ともいえず、ホルモンも噛みしめるほどに味が湧いてくる。ホッピーがどんどん進む進む(^^;

テッチャン/網焼きの図

ホルモン/網焼きの図
 ここで網を取り替えて、ガツの塩とギャラの味噌ダレが出てきた。いつも茹でた後のガツしか見ていないので、またしてもピンク色の生のガツを見て唸ってしまう。一味唐辛子を付けて食べたいと言うと、韓国の荒挽き一味を出してくれ、「胡麻油を入れると旨いよ」と教えてくれる。で、やってみると、これはイカンでしょう〜。旨杉晋作でしょう〜。お陰でギャラを焼いてる画像を撮り損ねたという事実(^^; 子袋の味噌ダレもコリコリの食感がなんとも言えない。

ガツ/荒挽き一味と胡麻油を付けて・・/ギャラ・

子袋/網焼きの図
 ここで、箸休めにスルメとキムチを注文した。スルメも甘辛のキムチ味が付いており、同じ味が続いている気がして、箸休めという感じはしない(^^; でも、キムチは予想通りデラウマだ。

スルメ/キムチ
 最後に「あと残ったメニューがあったら」ということで、センマイとタンが出てきた。再度網を替え、両方ともさっと炙って食べると、コリコリとじゅわっというそれぞれ違った食感が楽しめる。

センマイ/網焼きの図

タン/網焼きの図
 最後は豚バラとのことで、路麺大帝がトマトを注文したのをみて、「合わせて焼いて食べましょう」と言ったら、路麺大帝が即実行に移ってくれた(爆)。先に冷たいトマトを網に敷き、豚バラをその上にのせる。そしてトマトの片面に焼き色が付いたところで、ひっくり返して今度は豚バラと別々に焼き、豚バラがジュクジュクといってきた頃合いで合わせて食べるのだ。旨かぁーーーーっ!トマトって焼くと旨いんだよね。これ、皆さんもトマトを出すお店でやってみてください。

トマト/豚バラ

まずはトマトから焼く/トマトの片面が焼けたらバラ肉も焼いて食べる
 いゃぁ、飲みも飲んだり食いも食ったり、これでお一人様4500円以下という事実。こりゃ、1時間以上かけてきた甲斐があったわい。(07.9.1)

 #次の機会にやってみたご飯の上にキムチとホルモンをのせて食べたら、失禁ものの旨さだった(^^;

ご飯にキムチとホルモンをのせて・・・