×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0136

元祖もつ鍋 一成
鹿児島県鹿児島市千日町1-19、099-224-6655、17:00〜23:00、無休

 鹿児島は黒牛、黒豚、それに地鶏の生産地なので、それなりにホルモン系のお店があると思いきや、実は意外に少ないのである。天文館の中にホルモン系のお店はあるが、ほとんどが焼肉系のお店で、しかもここ数年の間にできたところばかりだ。そんな中、天文館の入り口付近で、創業20年になるもつ鍋のお店が一成だ。

 もつ鍋のお店に入り、老舗か新店かを見分ける方法の一つは値段である。最近人気が出てきて、ホルモンの値段が上がったといわれるが、老舗の一人前は700円〜900円程度で、1000円以上は大概新店だ。という訳で、ここ一成のもつ鍋一人前は700円である(笑)。
 4人で3人前のもつ鍋に、更にもつを2人前追加して注文する。もつの追加は一人前600円だ。一成サラダをつつきながらビールを飲んでいると、既にもつが煮込まれた状態で鍋が出され、「キャベツと韮に火が通ったらもう食べられます」と言われる。これは手っ取り早くていいですねぇ。おぉっ、もつの出汁が良く出たスープが旨い!と叫んだら、隣のテーブルを片付けていたオネーさんから「ありがとうございます」と言われてしまった(^^; くるしゅうない(殴蹴)。シロが主体の牛もつはキャベツと韮とよく合って旨い。メニューには、しめじ、エノキ、ネギ、糸こんにゃく、豆腐などの具を足せるようになっているが、やはりキャベツと韮のシンプルな野菜にもつを増量するのが正解だな。

お通しと生ビール/一成サラダ

もつ鍋/キャベツと韮に火が通ったら・・・/がっり食べましょう
 ここはレバ刺しやセンマイ刺しもあり、それをつまみに一杯やってからもつ鍋を食べることができるが、いっぺんに注文するともつ鍋が先に出てきてしまい、刺身を後で食べることになるので要注意だ(^^; 勿論、それらも新鮮で旨いので、もつ鍋は後から食べるのが正解である(笑)。(07.9.18)

レバ刺し/センマイ刺し