×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0147

ほ志乃
東京都品川区北品川1-3-20、03-3471-2596、17:00〜23:00 、土日祝休

 品川駅より南にあって北品川駅とは是如何に。旅番組でよく出てくる話題だ。そのこころは、品川駅は港区にあるからです。って、この話は京浜急行が北品川駅という名前を使わなかったら、クイズにもなんにもならなかっただろう。という訳で、品川駅から南に500mほどにある北品川駅(笑)。東海道1番目の宿場として栄えた品川宿の入口である。味気ない第一京浜側しか知らないと、ただ通り過ぎてしまうだけのエリアだが、旧東海道側の北品川〜青物横丁あたりは、風情のある商店が軒を連ねている。その品川宿のスタート地点にあるのが、創業昭和34年のほ志乃である。

 ホッピーで喉をうるおし、煮込みをつまむと・・・これは旨い!トロリとするまで煮込まれた牛シロとハチノスが、豆腐と一緒に皿に盛られ、その上にネギがかけられている。このビジュアル的もナイスだが、50年継ぎ足しで使われているという濃厚なお汁と、トロトロのシロとハチノスとの相性が絶品だ。
 こりゃぁ期待できそうだと、塩で注文したカシラ、タン、上ミノにとりかかる。おぉ、実にジューシーな焼き加減で、これもいぃーーじゃないですかぁ。添えられた辛味噌がよく合っている。300円という上ミノも実に旨い。肉質から金串で刺されているが、網焼きで食べる上ミノと同じくらいのコリコリ感で焼き上がっている。ポテサラとチーズオムレツをはさみ、つくね、レバー、シロをタレで食べる。つくねが団子や筒状ではなく、平たい楕円タイプは初めてだ。多分鶏のミンチだな。
 シロが良い。続いて頼んだ塩のシロも良い。シロオヤジとしてはかなり満足だ。こういうシロが食べられるお店は安心してリピートできる(笑)。最後に牛すじじゃが芋煮でモツシリーズは探索完了。非常に満足感の高い開拓であった。魚もたくさんあるので、色々と使えそうなお店だが、開店1時間以内に満席になってしまうので、敷居はなり高そうだぞ、と。(08.6.5)

ホッピー白/煮込み/タン・カシラ

上ミノ/ポテサラ/ホッピー黒

つくね・レバー/チーズオムレツ/シロ

レモンサワー/シロ・ナンコツ・ハツ/牛すじじゃが芋煮