×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0152

清香園
愛媛県松山市三番町2-5-12、089-945-7611、18:00頃〜24:00、日休

 愛媛県が産んだ居酒屋界の巨匠居酒屋礼賛の浜田さんに、「松山のお店を教えて下さい」と聞いたことがある。良いお店をいくつか教えていただいた後、「このお店も気になっているんですよぉ」と画像が送られてきた。赤い暖簾には、ホルモン煮込み、とんそく、ラーメンと書かれているが、その上の店名が書かれた庇のシートはずたずたに破れ、とても営業しているお店とは思えなかった(^^; 再度松山を訪れた時、酔った勢いでそのお店を探してみたら、看板が煌々と灯っているではないか。同行者はかなりビビっていたが、背中を押しながら中に入った。

 店内も外に劣らず風情がありますなぁ〜(^^; マスターにホルモン煮込みととんそく焼きを注文すると、お水が出てきたので慌ててビールを注文する。ホルモン煮込みは、センマイとシロがこんにゃくと一緒に、コチュジャン系の味付けで煮込まれている。いいじゃん、いいじゃん、なかなか旨いじゃん。とんそく焼きは九州のそれとは若干違い、コラーゲンがとろける手前まで焼かれたものだ。指にまとわりつかないから、このくらいが食べやすいかも。

ホルモン煮込み/とんそく焼き/ビール
 続いて、豚ナンコツ蒸しとホルモンラーメンを注文した。とんこつベースの口当たりの柔らかいスープに、先ほどのホルモン煮込みがのせられ、ちょっとピリ辛になたっところがよい。普通の太さの麺は丁度良い茹で加減で難なく食べられたが、あとに出てきた豚ナンコツ蒸しが意外に量があってかなり難航した。それでもむちゃくちゃ旨いから食べきることができたが、店を出た時は原一平君で満足に歩けなかったという事実(^^;

ホルモンラーメン/豚ナンコツ蒸し
 予約をすると蔘鷄湯が食べられるとのことなので、韓国系のホルモン店のようだ。しんさし(ハツ刺し)、子袋、鶏皮炒め、砂ずり炒めなど、そそるものがたくさんあるので、次回はもっと食べられる状態で来ることにしよう。(08.7.24)