×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0195

臓印
神奈川県横浜市保土ヶ谷区上星川1-2-13、電話非公開、17:30〜23:00、日休

 店主とは11年の付き合いになる。美味しい物を食べさせてくれるのだが、移転のたびにどんどん家から離れていくので、訪問頻度はすこぶる悪くなってしまった。そんな中、焼きとんを始めたという情報をいただき、満を持して訪問したのであった。場所は上星川の線路沿い。真新しい紺のひさしと赤い提灯が出迎えてくれた。

 店主夫妻とご無沙汰の挨拶をし、トリピーで乾杯である。メニューを見て何を注文するか相談すると、同行者から出てきた言葉は「全部」・・・って、注文票に途中まで書いてから言うなっちゅうの(^^; 刺身はその日の仕入れで決まるらしく、今日はレバ刺しと子袋刺しだ。レバーが脂肪肝っぽくて旨い!さっき大黒ふ頭でつぶされた豚とのことで、ぷりっぷりの食感も素晴らしい。驚いたのは子袋まで生だったこと。山葵が添えられていたので、我侭を言って柚子胡椒を出してもらった。柚子胡椒ポン酢がデラウマ!同行者も正解だねとご満悦だ。ビールがすすんでイカンなぁ(^^;

トリビー/レバ刺し/子袋刺し
 今日の煮込みは醤油だそうで、甘辛いタレで煮込まれた鶏もつが旨い。塩でも食べたいと思わせるところが素晴らしい。3杯目のビールを頼んだところで、焼き物が出来上がってきた。まずはハツとペテンだ。肉厚でジューシーなところを残す焼き具合は、なかなか本格的でよろしい。レバーも半生で旨い。驚いたのは生姜醤油ダレのガツ。ガツがこんなに柔らかいのは衝撃的だ。これは旨いなぁ。タンもシロも焼き加減が良い具合だ。

煮込み/ハツ・ペテン/レバー

ガツ/タン/シロ
 ここら辺で、Meat Market 時代に調教された日本酒に移行する。私はフルーティーなものを推薦してもらい、林檎をイメージするという仙禽をいただくことに。別に林檎の味がするわけではないが、イメージするというのは分かる気がする。初めて浦霞の大吟醸を飲ませてもらった時の、フルーティーな記憶がよみがえる。焼き物も佳境に入り、ナンコツ、テッポウ、ハラミ、子袋と次々に出来上がってきた。後半はもう少しペースを落として出してくれるとありがたい。あと、子袋は新鮮とはいえ、もう少し焼きを入れた方が食べやすいと思う。などと、多少の改善点を頭に入れておきながら、次に超久をいただき、漬物で口をさっぱりさせて、初訪問はここでお勘定となった。寄り道するのが大変な場所だが、また来なくちゃな。(11.8.17)

仙禽/ナンコツ・テッポウ/ハラミ

子袋/超久/キャベツと玉ねぎの酢漬け

きゅうりのお新香
 再訪である。待ってる間に渇いた喉にビールを流し込み、注文票にありとあらゆる品を書いて渡す。今日のもつ刺しはレバーとガツ。なんと、ガツはさっと湯通ししたほとんど生状態だ。おぉーーっ、旨いじゃないですかぁーーーっ。胡麻油塩でいただいたが、ポン酢と柚子胡椒でも美味しいかもしれない。台風を考慮して仕入れを少なくしたら、予想に反してお客さんが入ったというので、追加注文したもつを肉屋さんが持ってきたという事実(笑)。それから焼き物の串刺しが始まったので、すでにビールを2杯飲んでしまったざんすよ(^^;

生ビール/レバー刺し/ガツ刺し
 というわけで、ようやく焼き物のスタートである。まずはレバーとガツ醤油だ。ガツは生醤油で焼いてもらったが、これがデラウマ。タンとぺてんも新鮮で旨い!そして、前回食べられなかった塩煮込みが出来上がってきた。こ・れ・は・・・イカンでしょう〜!こ・こ・故タマランチ元会長だぁぁぁぁぁーーーーーー!!鈴木屋インスパイアーなんてものではなく、これは臓印オリジナルじゃん!これでもつラーメン出したら、大ヒット間違いなしだろう。そして、ジューシーなハツ!口の中でハツの肉汁がはじけ飛ぶほどのジューシーさだ。揚げ物が出来上がったところで、一旦焼き物をストップしてもらう。手羽のから揚げは甘いタレが名古屋風で旨い(笑)。ハムカツは郷愁の赤ふちハム。これらはビールのお供だな。

レバー/ガツ醤油/タン

ぺてん/塩煮込み/ハツ

手羽から揚げ/ハムカツ/門外不出
 ビールを3杯飲んだら、奥さんから「今日はお酒飲まないんですか。フルーティーなのが入ってますよ」と煽られた(^^; ならばと、推薦された門外不出をいただくことにする。#こうやってこのお店で日本酒の調教をされるわけだ(^^;; あっ、旨〜い。香りからしてフルーティーで、当然飲んでもフルーティー!2クール目の焼き物をスタートしてもらうと、フワ、ナンコツ、てっぽう、シロの順で出てきた。フワが新鮮で旨かぁ〜。てっぽうも肉厚でイカンでしょう〜。そして、最後は蛤出汁の塩らーめん。ひぇーーーーーーっ、スープがたまらん!麺はもう少し細くてしゃっきりした方が合うと思うが、もつ焼のお店にそこまで求めるのは酷だろう。いゃぁ、今日も楽しませていただきました。どうもごちそうさまでした。(11.9.2)

フワ/ナンコツ/てっぽう

シロ/蛤出汁の塩らーめん