×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0196

じんちゃん
東京都文京区本郷2-39-7、電話非公開、18:00〜、日・ハッピーマンデー休

 本郷三丁目というと、東大病院と旧がんこ本郷に行く時にしか縁のない場所だ。そこにかなりハイレベルのもつを食べさせるお店ができたという噂を聞いた。会社から10分で行ける場所にありながら、食べに行ける機会ができたのは、すでに半年以上経ってからのことだった。一緒に行ってくれる飲み仲間と本郷三丁目駅で待ち合わせたのが17:55分。そそくさとお店に向かうと、なんとシャッターしている人が9人いたと言う事実(^^; 

 暖簾が降りたら、店主から「ひとり立ち飲みで良ければいいですよ」と言われたので、同行者が立ち飲みしてくれることになり、何とか1クール目の客となることができた。注文は最初にしておかないといけないようなので、ありったけの品を紙に書く。が、水曜日(食肉センターが休み)ということもあってか、半分くらいの品札が裏返っていて、しかもどんどんヤマになっていく。ビールを飲んで待っていると、最初に出てきたのはガツ刺しと子袋刺しだ。おぉーーーーーっっ、旨!!下処理が完璧じゃないですかぁ〜。酢醤油のタレがまた良い塩梅だ。「これは素晴らしい」と、ふたりして一気にテンションが上がった。口直しに頼んでおいた大根酢も、この酢醤油がばっちり合って旨い。宇ち多゛のような梅割りをもらい、焼き物が上がってくるのをじっと待つ。ようやく順番が回ってきて、ハツモトとレバーが出来上がってきた。くぅ〜タレがまた旨い!カウンターに七味と一味が置かれているところも、モツラーのツボを押さえてますなぁ。塩で頼んだカシラの肉汁をかみしめていると、もう既に2杯目の梅割りをお替りしていた(^^; そしてテッポウ・・・イカンでしょうーーーーーーーーーっ!!!背筋に電気が走る逸品だ。テッポウを食べまくって、東京電力に電気を売ろうかな(殴蹴)。そんな訳だから、シロもまずかろうはずがない。ここで梅割りは3杯目だ。最後に煮込みが出てきたが、これもホントに素晴らしい。どこで修業をされたか分からないが、この店主はタダモノではないな。でも、どうすればこのお店のメニューを完璧に堪能できるのだろう。まめに来るしかないか。(11.5.25)

生ビール/ガツ刺し/子袋刺し

大根酢/梅割り/ハツモト・レバー

カシラ/テッポウ/シロ

煮込み
 再訪である。前回同様10・11人目になってしまい、じんちゃんから「ひとり立ち飲みでよければどうぞ」と言われたので、これ幸いと入口に陣取った。初回とは違い、市場の休み明け木曜日なので、串の種類がたくさんあっていいですねぇ〜。瓶ビールを注文し、渡された注文メモにもつ刺2種類と焼き物9種類、それにもつ煮込みと大根酢を書いて渡した。「とにかく焼き物が出るまで待ちますからね」と今回の同行者に因果を含め、ビールをくびくぴ飲んでいると、ガツ刺しと子袋刺しが出てきた。旨かぁーーーーーーー!繰り返すが、この下処理の素晴らしさったらありませんなぁ〜。続いてもつ煮込みの登場だ。いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃーーー!白味噌の煮込みの中ではトップクラスの味だ。大根酢で口直しをしながら食べ、梅割りに切り替えたところで、ようやく焼き物のスタートとなった。ただし、ハツモトは私たちの前でヤマになってしまった(^^;

トリピー/ガツ刺し/子袋刺し

もつ煮込み/大根酢/梅割り
 まずはタンとカシラだ。焼く前に塩を振ってから霧吹きをするのがじんちゃんスタイルで、これだと塩ムラがなくなり、塩味がまんべんなく付いて旨い。カシラもタンもジューシーだ。次はてっぽう。いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃですねぇ。てっぽうの肉汁がタレといっしょに口に広がる。ガツの歯触りもジャクジャクとしているし、チレの濃厚さも故タマランチ元会長だ。そして、シロ、レバー、タンスジと続いて終了である。同行者も大満足。じんちゃんはホントに良いお店だ。(11.8.25)

タン・カシラ/てっぽう/ガツ

チレ/シロ/レバー

タンスジ