×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0201

安兵衛博多店
福岡県福岡市博多区博多駅前3-10-2、092-292-6603、11:30〜14:00/17:00〜翌1:00、日休

 博多でホルモンといえば、もつ鍋という答えが100%に近い確率で返ってくる。串ものはほとんどが焼き鳥で、みすみ、此乃美、安愚楽が牛ホルモンの串煮込みを提供しているのを知る程度だ。塩田屋で全国区レベルの芸術的な焼きとんを食べられる以外、なかなか博多の中心部で焼きとんにはお目にかかることができなかった。しか〜し、朝倉市、小郡市、太宰府市で営業しているやきとりの安兵衛が、2010年の12月に博多駅前にお店を出したのだ。やきとり安兵衛といっても、久留米の定番ダルムが食べられるお店なのだ。

 初めて入った時は、同行者が部下の女子2名。席についてトリビーを頼み、博多に来たからにはと、まずは砂ずり刺しに胡麻カンパチを注文した。ホント、博多はずり刺しや胡麻醤油ダレで漬けにした刺身が旨かぁ〜である。続いて牛すじ煮込み、モヤシバター炒めを注文し、一心地ついたところで、焼き物の注文に移った。

トリビー/お通しのキャベツ・スパサラ・酢のもの/砂ずり刺し

胡麻カンパチ/牛すじ煮込み/モヤシバター炒め
 博多の鶏皮はいぃーーーーーーですねぇ。塩でカリカリ、タレでこっくりとした食感で二度美味しい。そして肉厚のダルム(てっぽう)が旨かぁーーーーーっ!!久留米で食べて感動したダルムが博多で食べられるのは嬉しかぁ〜!しかも、この大きさで120円というのも素晴らしかぁ〜!塩でもタレでも旨かぁーーーーーーって、もうええっちゅうねん!!鶏レバーはねっとりしていて、思わずむほほほほほと笑ってしまう。もうひとつは九州定番の豚足焼き。これも旨かぁ〜!ビール2本→木挽1合→ウーロンハイと飲み、腹もパンパンになってお勘定となった。〆て9480円。安かぁーーー!(11.11.28)

なんこつだんご・皮塩・ダルム塩/レバータレ/皮タレ

ダルムタレ/豚足焼き/ウーロンハイ
 2回目の訪問はオジサンと若者の集団5名だ。メニューを見て、レバ刺しが消されていなかったので、「まだレバ刺しあるんだ」と言ったら、女将さんが「ありませんよ!」と慌てて突っ込んできた。冗談たい(^^; トリビーを頼んで、つまみを適当に2つずつ選んで注文した。お店の看板メニュー胡麻カンパチは、現地担当者も「旨かぁ〜」という逸品だ。酢もつ、ごぼう揚げ、ごぼうサラダといった、博多っぽいメニューもビールによく合うわ。

お通し/酢もつ/お通しキャベツ

胡麻カンパチ/ごぼう揚げ/ごぼうサラダ
 ぐいぐいビールが空いて行った後、黒霧島をボトルで頼み、メインの串物に突入だ。まずは鶏ハツ、ずり刺し、皮、なんこつつくねの鶏シリーズが出てきた。ずり刺しを柚子胡椒で食べると、博多に来たという気持ちが盛り上がる(笑)。つくねのなんこつ含有率が低いのが残念だ。次の豚はダルムをフィーチャーして、塩とタレで頼んだ。ここのダルムも旨かぁーーーーーーっ!肉厚感と濃厚ななシロの味わいが素晴らしい!最後に竹輪磯辺揚げと山芋お好み焼きで〆、日が変わる直前にお勘定となった。支店から歩いて7〜8分のところにこんなお店があるんだから、ホントに博多は裏山C−−−−!(12.7.5)

鶏ハツ/ずり刺し/皮

なんこつつくね/ダルム塩/ダルムタレ

竹輪磯辺揚げ/山芋お好み焼き