×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0217

うっちゃん家
福岡県久留米市東町479-1、0942-32-1801、17:00~23:30、日休

 これが最後になるであろう久留米での仕事が21:00に終わり、この時間で開いている久留米焼き鳥のお店を探すと、うっちゃん家がヒットした。南京千両の屋台が出ている通りの裏手をぐるぐると歩き回ると、ようやく看板を見つけて中に入った。

 店内大盛況だったが、カウンターの隅が空いていたので、なんとか座ることができ、トリビーとつまみをいくつか注文した。まずは生ビールとお通しのモズクが出てきた。昨晩の小桜と同じパターンだな(笑)。続いてとうもろこしの天ぷらだ。以前博多の春馬で食べ、それ以来気に入ってるつまみなのだ。衣のサクサクの後にとうもろこしの甘さが広がって旨かぁ~。で、黒霧島のお湯割りを頼んだのだが、全然出てこない。奥さんに催促すると、いたく恐縮してバイトの店員達に指示を出す。それが出てくる前に焼き物も出来上がってきた。ダメじゃん(笑)。うっちゃんも恐縮して、焼き物を皿に置きながら詫びを入れるが、それより何より早く黒霧ちょんまげ!注文入れてからお湯沸かしてたんじゃないだろうな(^^; ようやく出てきたお湯割りを飲み、落ち着いて焼き物をいただく。久留米焼き鳥のお約束、ダルムからスタートだ。ふむ、旨いんだけど、カリカリ感がほとんどでぷにゅぷにゅ感がないなぁ。次は鶏レバーと大葉巻き。おぉっ、大葉巻きは旨いじゃん。続いて豚足。ポン酢の醤油が強くてちと残念。最後はつくねと皮。皮はこれまたカリカリ過ぎて煎餅だ(^^; う~むぅ、うっちゃんはカリカリが好きなんだな。最初に注文した茶豆が出てこないが、これも奥さんにちゃんと申告してお勘定にした。折角久留米焼き鳥を食べに来たのに、旨かったのはしうもろこしの天ぷらだったという事実。まぁ、しゃーねーっちゅうことだな。(15.7.7)

生ビール・お通しモズク/とうもろこし天ぷら/黒霧島お湯割り

ダルム/鶏レバー・大葉巻き/豚足焼き

皮・つくね