×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0224

三徳
東京都江東区常盤2-11-1、03-3631-9503、11:00~13:00/17:00~24:00、1・3・5日休

 梅雨になる前の清住白河から森下に向かう夕刻の道は、心地よい川風が吹いてくる。小名木川を越えて暫くすると、左手に紺の暖簾と赤い提灯が見える。そこが目指す三徳だ。

 お店に入ってすぐ良い空間だと感じる。座敷に促され、トリビーをいただき、お通しのひじきをつまみながら注文を考える。まずはニコ玉(煮込み+玉子)とガツ刺しとレバーフライタルタルソースを選んだ。この時期のトリビーは水ですなぁ~。ひじきだけで飲んでしまった(^^; 酎ハイをもらってガツ刺しをニンニクで食べる。ふむふむ、この切り口だとごま油塩の方が合うんじゃないだろうか。そしてニコ玉が出来上がってきた。ぐつぐつしているうちに玉子を割って広げると、こりゃどこから見ても旨いこと間違いなしの見てくれだ。すぐさま器に取って一味を振りかけて食べると・・・イカンでしょう~!シロのくにゅくにゅと味噌と玉子のコラボレーション。バケットくれーーー!って、ある訳ないな。続いてレバーフライタルタルソースの登場だ。これまたイカンでしょう~!タルタルオヤジはあわや失禁状態だ。あまり期待していなかったらしいKHCマネジャーも、このタルタルがレバーフライにベストマッチと高評価で、野菜など食わずにレバーだけ食べている。流石肉食女である。

トリビー/お通しひじき/ガツ刺し

酎ハイ/ニコ玉(煮込み+玉子)/黄身をくずして・・・

レバーフライタルタルソース
 第二弾は焼き物である。5本セットをタレで2人前頼むと、ハツ、カシラ、タン、シロ、レバーの5種類が出てきた。う~むぅ、どうせ同じ値段なら別々にタレと塩を分けて注文すれば良かったなぁ。まぁそれはそれとして、最近値上がりしたようだが、120円でこの大振りな串が出てくるのには驚きだ。タレはみたらし系だが、不必要に甘くないしねっとりもしていないので、5本タレで食べても飽きることはない。

ハツ/カシラ/タン

シロ/レバー
 残りの串は子袋と軟骨とつくねなので、子袋と軟骨を塩で、つくねをタレで注文した。塩で焼く軟骨は食感と旨味がストレートに味わえていぃーーですねぇ。大葉の入ったつくねも180円とはお値打ちだ。

軟骨/子袋/つくね
 KHC活動も10年を超え、ふたりともこのくらいで腹一平君になる歳になってしまい、今日のところはこれでお勘定となった。まだ陽が明るいっちゅうの(^^; (16.6.1)