×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Harawata0225

仲垣
東京都品川区上大崎2-14-3、03-6721-7329、17:00~24:00、日休

 おとなの流儀という雑誌の取材で、目黒の仲垣でもつを食らいながら話をすることになった。それにしても、目黒駅の東側はもつ焼きの店が増えましたねぇ。

 ガツ刺しと煮込みを注文し、トリビーで乾杯して編集の方と話をする。もつ焼き屋さんで他のもつ焼き屋さんの評価をするのは、店員さんに聞かれやしないかと小声になってしまう(^^; ガツ刺しは細切りタイプと思ったらひと口大のそぎ切りで、存在感のある食感だ。煮込みはシロを主体にした各部位が、優しい味噌味で味付けられている。山の手の煮込みは優しい味になるんですかね(笑)。個人的にはコチュジャンの入った辛口を頼めばよかったかも(^^;

トリビー/ガツ刺し/煮込み
 焼き物はお薦めの味付けを聞きながら塩からチレ、ガツ、なんこつ、てっぽうを注文する。山の手とはいえ食肉市場に近いのでチレがある。チレを食べられるのは嬉しい限りだ。焼きはそれぞれお上品で、もう少しワイルドな焼き具合でも良いんじゃないだろうか。

チレ・ガツ/なんこつ/てっぽう
 次はレバー、とシビレをタレで、ブレンズとギアラを塩で追加した。繰り返すが食肉市場に近いとブレンズも食べられるので気持ちが盛り上がる。ただ、ブレンズはタレで食べる方が好みだな。ギアラは今まで経験してきた見た目と違うので驚いた。食べてみれば肉肉しい食感でギアラだと分かるが、チレが塩で出てきたかと思った。逆にシビレをタレで食べるのは珍しく、濃厚な味わいがタレで抑えられているようだ。

レバー/ブレンズ/ギアラ

シビレ
 山の手の内側で多くの種類のもつが食べられるのはありがたい。が、意外に小ぢんまりとまとまった感じがしたお店であった。(16.2.6)